スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

付知峡:エメラルドグリーンの滝

5月26日土曜日、岐阜県中津川にある付知峡という場所に行った。
前日にかなりの雨が降っていたので、滝が綺麗だろうという理由からだ。
今回は弟がバイクを買ったこともあり、二人で出かけた。


名古屋からのアクセスだと、下道は19号を真っ直ぐ。上は中央道中津川インターを降りる。
道はすごく簡単なので説明しなくても調べればすぐに分かると思う。


途中、中津川インターを超え、しばらく走ると有料道路を渡ることになる。
この有料道路、ただ橋があるだけなのに…バイクだと150円だ。
しかしそれも納得。眺めが素晴らしい。
橋を渡ったぐらいに駐車スペースがあるので、そこに止めて戻るといいだろう。


エストレヤとVTR250 後から エストレヤとVTR250 前から
↑後から見た図(左)と正面(右)
右の写真だとエストが小っちゃく見える><(小さいんだけどね)

城山大橋。水量が増してますな…。城山大橋。高いです!城山大橋。なんか出っ張りがある。
↑やはり雨で水量が増してる(左) 結構な高さがある(中) なんかでっぱりw(右)


いやとにかく高い。高所恐怖症の人は無理かも(笑


今回も何回か休憩を入れたけど、そこら辺は端折ります(汗


とりあえず無事到着。
今回は写真多めでいってみよう!


付知の不動滝入り口 入り口すぐの小川


とりあえず入り口。飯処とか売店がある。


えめらるどぐりーん! さらにえめらるどぐりーん!


もうヤバイ。写真じゃ伝わらないかもしれないが、エメラルドグリーンが綺麗だ。
水もすごく透明。そのまま飲めると思う。
他にもこんなの。


水が多くて流れがハエーー 速いよ!


 まぁまて、これはメインではないのだよ。
メインはこれだ!


付知の滝 ちょっと遠くから撮影付知の滝 水量ヤバスww付知の滝 勢いが…


やばいやばい。
前日の雨の影響がこれほどとは…。
写真だけじゃ伝わりにくいかと思ったから、ちょっとした動画も用意。
付知の滝 FLASH


サイズ比較飛沫がかかるぐらい近くまで行ける水が綺麗すぎる


かなり近くまで行ける。
ここはいつ来ても水が綺麗。


綺麗な川の流れ そうめん 550円


最後は入り口の飯処でそうめんを食べた。550円。
ちなみに流しそうめんも出来るみたい。
水が綺麗なので凄く美味しい!
次来た時も食べよう。


ここの滝はいろんな人に見てもらいたい。
ちょっと行きづらいかもしれないけど、後悔はしない!

今回は写真が多くて重かったかもしれないです。
次はもうちょっとブログを上手く使いますね^^;

スポンサーサイト

PageTop

第11回燃費計測。

11回超えたので、タイトルを漢数字から数字にしました。


第11回目給油成績
日付   :5月27日
走行距離:339.3km
給油量  :10.40L
燃費   :32.63km/L
平均燃費:28.08km/L
価格   :1,310円(126円/L)


今回は街乗りが多かったので、前回ほど燃費は良くなかった。
しかし、それまでと比べると格段にUP!
やはり早めのシフトチェンジは効果があるようだ。
でも時々引っ張りたくなるけど…(汗


走行内訳:
街乗りが多いと言ったが、土曜日にもツーリングしてきたのでこの内200kmぐらいはツーリング(汗
でも前回のツーリングほどスムーズではなかったので、信号にもそこそこ引っ掛かっていた。

にしても今月は給油回数が多いな…金がもたない('A`)

PageTop

リアキャリア取り付け

今回は、カワサキ純正のリアキャリアを取り付けました。

【タイトル】 純正リアキャリア
【定価】 10,290円(税込み)
【価格】 9,775円(税込み)送料別
【メーカー】カワサキ KAWASAKI
【積載重量】3kg
【コメント】
純正リアキャリア。リアフェンダ後部のボルトとフェンダバーで固定します。
一応3kgということになっていますが、もっと載せれそう…。
安全に運べる重さが3kgってことだと思います!
無理はしないようにしましょう^^;


 リアキャリア1 リアキャリア2

取り付けは非常に簡単でした。
ただ、サイドバッグを外さずにやったのでちょっとやりづらかったです^^;

ちなみに自分の場合は、自作サイドバッグステーが付いてるので後ろのボルトの長さが足りるか不安でしたが、なんとか足りました(汗
足りなければ近くのホームセンターに売っていたので買えばいいんですけどね(笑

見て分かると思いますが、リヤフェンダに付いてる両サイドのバーに取り付けます。
そのため、キャリア前部の取り付けボルトは一度バラしてからのほうがやり易いです。
キャリア後部は、キャリアの幅が決まっているので、ステーをつける場合は、ステーを外側にしたほうがいいでしょう。(というかそうしないとハマらない)

リアキャリア取り付け中
 

ボルトを締めるときはレンチを上記のように使用すると楽にできました。
サイズは小さいほうが10mmで大きいほうが12mmでした。
ちなみに上記の写真だと、バッグのベルトの位置が両方違っていますがこの後直しました。
キャリアの前部取り付け部分より後ろがいいと思います。

リアキャリア取り付け前 リアキャリア取り付け後


左が取り付け前で、右が取り付け後です。
これでさらに荷物が積めるようになりました。そんなに積む物もないのに…。

次はタンクバッグでも買おうかと思っています。ああ、出費が('A`)

次回:
クラッチレバーの先が折れたまま交換していないので、そろそろ変えます。
今はアロンアルファで付いてる状態…結構丈夫ですけどね(笑

PageTop

サイドバッグの取り付け~固定

ステーは自作ステーを使ってます。
というよりエストレヤは自作する他ないと思います…どこのメーカーも出してくれない><

自作の詳細は「自作サイドバッグステー」を読んでください。

デグナー サイドバッグ NB-1
マフラーとの距離
バッグの固定1
バッグの固定2

 1枚目:
 取り付けた写真です。
 使用しているバッグは「デグナー製 NB-1」です。

 2枚目:
 マフラー側にも取り付ける人は、距離に気を付けてください。
 近すぎるとだいぶ熱くなります…カバンの底はナイロンなので溶けるかもしれません。

 3枚目:
 ステーとバッグの固定です。
 バッグの背面には下部に2本固定用の紐が出ています。
 ステーはフェンダーと同じ部分に固定してあるので、紐には余裕を持たせずしっかりと結んでいます。
 こうすることによりばたつきを防止します。

 4枚目:
 バッグ前部の固定です。
 ここも、しっかりと結んで居ます。
 スイングアームなどの可動部に結ぶ場合は3~5cmほどたるませなければ危険です。
 エストレヤはちょうどいい場所がありました。
 ちなみに二人乗りは不可能ではないにしても後ろの人がかなりキツイですし、足が置けないので危険です。

とりあえず簡単に説明してみました。
新品のバッグの場合、ベルトの革が硬くてなかなか結べないかもしれません。
しかし付けると見栄えがだいぶ違います!
荷物もかなり積めるようになりました。

この記事をみてやりたいと思った人がいてくれれば幸いです。
尚、不明点などがあったら気軽にコメントください。
分かる範囲で答えます^^

PageTop

「KAWASAKI」ロゴキーホルダー

先日の雨はひどかった…たまたまカバーを掛けて居なかったので濡れまくった。

塗れただけならマシなんだが、黄砂がヤバイ。
タンクもフェンダーもマフラーも黄砂まみれだ…('A`)

あとサイドバッグ。
バッグに使ってある鋲が鉄製のため、錆びた!
2りんかんの店員に錆びやすいとは言われていたが、一夜にして錆びるとは(汗
明日磨くか…ついでに洗車。
取り外しと取り付けが凄い手間^^;

本日も2りんかんに行ってきた。
特に目当ては無かったのだが、バブル型のミラーシールドが欲しかったってのと、タンクバッグを見に。

今日は見るだけのつもりだったので、シールドとバッグは買わなかったが、代わりに目に留まったのが「KAWASAKI」のロゴが入ったキーホルダー。


「KAWASAKI」ロゴキーホルダー


525円!
並んでいるキーホルダーの中ではダントツに安かった…。
SUZUKIやYAMAHAのほうが高いのはナゼか(笑
にしても、KAWASAKIグッズって他のメーカーに比べてあんまないのよね…。
こうなったら自作しようかなぁ~。

PageTop

飛騨せせらぎ街道・道の駅 「パスカル清見」

今回のツーリングは、なんとエストレヤ7台のツーリング!
mixiのエストレヤコミュの人たちです。


天気もよくまさにツーリング日和。
集合場所は22号沿いの岐南インター北500m地点にあるマクドナルドでした。
集合時間は午前9時。
7時40分ぐらいに家を出て、ガソリンを入れてから向った。
道は詰まるほどは混んでなかったが、休日のためそこそこの交通量。
1時間ほどで到着。


すると、既に駐車場にエストレヤが4台!
皆さん、早いですな^^;
店内に入り、揃うまで自己紹介を兼ねつつ談笑。
100円マックだけで長時間居座ったんで、マックにとってはいい迷惑だったかも…(汗


9時ちょっとすぎに全員が集合し、駐車場にはエストレヤが7台。
全員揃ったところで出発!…の前にちゃんと計画。
大人数でのツーリングは初めてのため、色々と関心することが多かった。
中でも勉強になったのは「先頭の人は横から出てきそうな車や障害物を避ける挙動を大きくし、後続車に注意を促す」というもの。なるほどなぁ!
今回は有料道路を通行するということで、バラバラに払っていると時間がかかる。
そこで先頭の人が一括して支払う方法を取った。(賢い!)


さぁ、やっと出発だ。
課程はかなりぶっ飛ばして話しますが、途中休憩を2回ほど入れたかな?
そのせいか、あまり疲れなかった。
やはり休憩は大事ですね…身を持って知ります^^;


途中の休憩場所(名前は忘れたけど道の駅だった)で撮った写真です。
エスト7台で壮観(゚∀゚)v


エストレヤ7台 エストな仲間たち!


皆さんのエストレヤ、ピカピカだったり個性があったりして見てるだけでも楽しかったです!


有料道路の途中にトンネルがあったのですが、暗いし路面は何か濡れてるし速度速いし、何より寒い!!
自分は結構着込んでいたのでそれほど影響も無かったですが、他のメンバーさん、凄く寒そうでした…。
トンネルを抜けるとすぐに目的地に。


パスカル清見の標識


着いたぜ!
早速食事だ!
食べたのは、通常メニューには無い「ライダー丼」!
内容は書いたらダメらしい!後から来る人の楽しみが無くなっちゃうからね。
でも月代わり?らしい。
というか、裏メニューでコレがあるってのも書いてよかったんだろうか…(笑


そして記念写真!
さっきと代わり映えなし!
何か橋もあったんで、そこでも1枚!


パスカル清見で記念写真1 パスカル清見で記念写真2


いやーそれにしても、自然が綺麗です。
空気もおいしい。
あとバイクも多い(ぁ
今ではレアなZ2とかW1見ました。
ゴールドウィングも2台見かけたなぁ。


まだまだ余力があったんで、もうちょっと北上してみることに。
「大倉の滝」という場所にも行ってみた。


これがまた分かりにくい場所で…しかも峠道の途中、道路を横切る形で側溝があったのですが、一部蓋がありませんでした…。オソロシイ。
ダイレクトにその上を通過してしまいましたが、なんとか吹っ飛ばずにすみました。
ずっと登ってたら行き止まりに。
すると3人組のおばちゃんたちに遭遇!
道を教えていただき、何とか滝に到着できました。


大倉の滝にかかる虹


なんと!
時間帯が良かったのか、滝に虹が掛かっていました!(実際に見るともっと綺麗です)
コイツは穴場です。道路から滝までも近いし!
時間は午後2時半ぐらいでした。天気も良かったので、一度は行くといいと思います!


大倉の滝にて記念写真


やっぱり記念写真(笑
ホントに記念写真の好きな集団です(笑
この滝は、滝つぼにかなり近づくことができます。
しぶきを浴びてマイナスイオンたっぷりです!癒される~~。


さてさて、癒されたところでそろそろ帰路に。
帰りはパスカル清見と、行きに休憩した場所と同じところで休憩。
そこから後はぶっ通しでした^^;


走ってる途中、他のツーリング集団と一緒になった。
よく見ると全員女の人!しかも大型乗りが多い…^^;
DUCATIに、ホーネット600(かな?分からんw)
この他にも後ろにチョッパーにしたハーレー3台が合わさり、計17台での走行!
なかなか見物です。
歩道を歩いてた部活帰りと思しき女子中学生とかが見てました(笑


帰りは途中まで一緒で、後はバラバラというふうに決めてましたが、なんだかんだで一緒に(笑
走行距離は280kmを超えましたが、楽しくて疲れなんてほとんど無かったです!
また、全員がエストレヤということもありペース配分なども一緒だから、余計疲れなかったのかもしれませんね。
またエストだけのツーリングというのやってみたいです^^


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


余談ですが、このツーリング、恐ろしく燃費が良かったです。
山間部で信号がほとんど無かったということも大きな要因だと思いますが、一番の理由はコツを教えてもらったこと。
詳細は「第九・十回燃費計測。」をご覧ください。
驚愕の燃費を目の当たりにしました…!

PageTop

第九・十回燃費計測。

今回はツーリングのため、ツーリング前とツーリング後に給油しました。
なんと、すごい結果が!!
ツーリングパワー恐るべし…。


第九回目給油成績
日付   :5月12日
走行距離:145.9km
給油量  :5.36L
燃費   :27.22km/L
平均燃費:26.27km/L
価格   :681円(127円/L)


ツーリング前の給油。
なぜかいつもより燃費がいい。


第十回目給油成績
日付   :5月13日
走行距離:282.1km
給油量  :7.09L
燃費   :39.79m/L BEST RECORD!!!
平均燃費:27.62km/L
価格   :900円(127円/L)


お、恐ろしい記録がでました。
給油前と後はセルフスタンドで自分で満タンいれたので間違いないと思います。

考察:なぜこんなに燃費が上がったのか
1.山間部のツーリングにより、長距離に渡り信号が無かったためアクセル変化がほとんど無かった。
2.ツーリング仲間の皆さんにアドバイス頂き、ギヤチェンジのタイミングを大幅に変更した。

ギヤチェンジのタイミング、今まではかなり引っ張ってました。
50km/hを3速で走ってました。そのためエンジンが回りまくってガソリンを無駄遣いしてたと思われます。
アドバイスにより、5速への切り替えタイミングを40km/h~50km/hの間に変更し、他のギヤも出来る限り早めに変更して走り続けてみました。
それにより、39.79km/Lという驚異的な結果を生み出したのです。
まぁこれは、ほとんど信号が無かったのでずっと5速で走り続けることができたためです。

本当にギヤチェンジのタイミングを早くすると燃費が良くなるか?

それは次の給油まで分かりません。
しかし私は今回の記録を信じて、早め早めにチェンジして実験したいと思います。

最後に、アドバイス頂いた皆様、ありがとうございました!

PageTop

自作サイドバッグステー

エストレヤには、ぴったり合うサイドバッグステーが販売されていない。
純正のステーはあるが、あれは市販バッグには使えないみたいだ。

汎用ステーを使うという手もあったが、ポン付けは難しいみたい。
どうせ加工するなら代用品を作ってしまおうということで、やってみた。

用意した部品ステー(横から)ステー(斜めから)

L字金具(黒)(画像左)
┣300円
┗┓
 

L字金具(銀)(画像右)
┣450円
┗┓
 

ボルト
┗1個10円 × 10個(必要8個予備2個)

バネ座
┗1個4円 × 20個(必要16個予備4個)

ナット
┗1個5円 × 10個(必要8個予備2個)

あー…1つ金具の色が黒い。
まぁコレはクロームメッキのが無かったから(汗
単気筒なのもあって、振動対策をしっかりと。バネ座を挟んだ。
ただ、ボルト側だけでよかったのかな?上の部分にもつけちゃったけど…(ぉ

とりあえずこんなカンジのを2つ作った。
そして取り付け。↓↓↓

ステーを取り付けた様子1ステーを取り付けた様子2ステーを取り付けた様子3

なかなか上手くできた。
本来は1本のバーを使って、穴を広げ手で曲げて加工する気だった。
しかしホームセンターに行ったら上記のようなパーツが売っていたので流用することに。
ちなみに合計価格は1800円ほど。(L字金具高すぎ)

作った後、2りんかんへサイドバッグ探しに。
2つ繋がったバッグを買おうと思っていたが、目ぼしいのが無い為、MASA兄ぃさんが付けてらっしゃるデグナー製 NB-1を買うことに。
ちなみに在庫が1点だったため、1つは発注してきた。

そして持ち帰ってから、サスペンションと干渉する部分にスポンジを貼ることに。
これもMASA兄ぃさんに教えてもらったのです。多謝 m(_ _)m

 サイドバッグ NB-1
サスペンション側だけにスポンジを貼った様子。
スポンジはホームセンターで2mを75円で購入できた。

以上がとりあえず自作利サイドバッグステーに関する記述です。
何か質問があればお受けします。まともに答えられるか分かりませんが(汗

PageTop

第八回燃費計測。

前回、次はセルフで入れる!と言ったのにもかかわらず再びフルサービススタンドで。
これには深い訳がありまして…それについては別途記述。


第八回目給油成績
日付   :4月29日
走行距離:285.8km
給油量  :11.21L
燃費   :25.50km/L
平均燃費:26.15km/L
価格   :1,390円(124円/L)


メーターが280km超えたあたりから「やべー!やべぇ!」って思ってたけど、給油してみたらそれほどでもなかった。
確か、エストのタンク容量は14L。内2Lがリザーブだったはずなんで、コックいじらなくても後0.8Lは走れたみたい。


走行内訳はALL下道。あまり燃費を考えた運転はしていない(汗
そのせいか前回より多少下がった。
150kmぐらいはゴールデンウィークの渋滞に巻き込まれたので、アイドリング時間により燃費が低下した…と思われる。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。