スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

-紅葉- 阿寺渓谷

10月25日(土)、友人と長野県にある阿寺渓谷に行ってきました。
天候は曇りだったのですが、写真を撮るには快晴より影ができにくいので向いていました。

-紅葉- 阿寺渓谷↑クリックで大きいサイズ表示(1280×875、496KB)

阿寺渓谷の紅葉は今が見頃っぽいです。
やはり岐阜~長野方面の水はすごく綺麗で、川も透明すぎて深い部分でも底を見ることができます。

行き方は高速で行くと便利です。
中央道を中津川ICで降り、国道19号を塩尻方面に進むだけ。
あとは看板が出ているので左折1回で行けます!

つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop

紅葉!茶臼山ツーリング

本日も天候は快晴でした!
と言うわけで、またしても前日友人にいきなりお誘いをかけたところ、快くOKを頂きました(ぁ

今回は私、弟、友人の3人ツーリングです。

ZZR400とVTR250とエストレヤ
↑友人のZZR400と弟のVTR250とエストレヤ

茶臼山は、愛知県でもっとも早く紅葉する場所。
山頂の標高は1,415mらしい。ちなみに私の腕時計で計測したところ、1,420mをさしていた。なかなか正確だ(笑

豊田市や長野県に通じる国道153号。
途中でかの有名な「伊勢神トンネル」も通ったりした。
そのとき、車列から1台抜けて旧道のほうへ行く車が……何しに行ったんでしょうか。

茶臼山高原道路は昔有料だったが、現在は無料開放されている。
ちなみに昔は二輪車は990円だったらしい…愛知県の有料道路で最高額だとか(笑

長さは結構長くて、14.2kmもある。
元有料道路だけあって、とても走りやすいのだが…前を走っていた車がとても遅かった!!
遅いならゆずってくれよ(泣

まぁそんなこんなして到着。

茶臼山の池
↑クリックで大きいサイズ表示(1280×875、493KB)

つづきを表示

PageTop

金華山・岐阜城 

昨日、卒業検定終了後の午後に友達と金華山までプチツーしてきました。

岐阜城まで上るには、ロープウェイを使うか登山をするか。
片道600円なので行きは登山しました。
記憶の中では楽な道だったはずですが、思ったよりキツかった…。

↓夕日に照らされる岐阜城です。
夕日に照らされる岐阜城
↑クリックで大きいサイズ表示(1280×875、423KB)

遅くまでいるつもりがなかったのに、流れで夜景を見ることに。
軽装で着ていたのでかなり寒かった…。というか山の上風強いです。

↓日の入後の岐阜市内。
金華山からの夜景
↑クリックで大きいサイズ表示(1280×875、333KB)

木曽川の水がかなり減ってるように見えます。
この時期、鵜飼の作業を見ることができるようなのですが、この水位でもやってるんでしょうか。

パノラマ写真も作ってみました。

↓岐阜城からのパノラマ。東の方角(?)
岐阜城からのパノラマ
↑クリックで大きいサイズ表示(3932×648、471KB)


↓左のほうの明るい道路は奥がR22で手前がR156。
金華山からの夜景パノラマ
↑クリックで大きいサイズ表示(3188×648、248KB)

パノラマ撮影は案外面白いです。
今度周りに何もない高い山に登ったら360度パノラマを撮影したいですね!

PageTop

大型教習 卒業検定

結論から報告します。

無事に合格できました!

雨はやんでいたけども、路面が多少濡れていた。
そのため、急制動は通常11mが14mに伸びた。
といっても、走行時はほとんど乾いており、ドライに近い状態でやることができた。

今回の受験者は3人。

始まるまでは結構緊張していたけども、バイクに跨ったら不思議といつもの感覚で走行できた。
心配だったスラロームも、接触することなく5.4秒でクリア。

一本橋は10秒とギリギリのタイムだったけども、不安定になることなく抜けることができた。

合格できて、嬉しいことは嬉しいんだけど、普通二輪のときより嬉しさはない(笑
普通二輪のときは、今まで乗れなかった「バイク」に乗ることができるからで、大型取っても排気量が変わるだけで別の乗り物になるわけじゃないから…かな。
だから「限定解除」なんだろうけど(笑

免許は取れたけど、まだ大型購入できるだけの資金がない。

もちろん購入してもエストは手放さない(笑
愛着あるし、気軽に乗れるバイクだからっス。

しかし友達は2台所有してもどっちか乗らなくなる…と言っている。
そんな気がしなくもないけど、実は妹もエストに乗りたがってたりするんで貸したりはするかもしれない。

とりあえずコレで文字だけの記事から開放されました(笑

PageTop

大型教習12日目

最後の教習を受けてきました。

本日も新しいCB750での教習。
天候晴れ、馬場状態は良 (何

今回は見極めということで、あまりミスしないように言われた。
言われたそばから初っ端のスラロームでやっちまったぁぁぁ!

しかしその後はミスもなく無事クリアー。

終わったあと、一緒に教習を受けていた二人組みのおねーさんから、
「もうすぐ終わりですか?」
と聞かれたので、
「明日検定なんですよ」
と答えたら
「絶対受かりますよ、上手いですもん」
って言われたヒャッホーーイ!

前に教官に言われて上手く見せる努力してた甲斐があったぜ!!
しかし気休めでもありがたい。


さて、実は今日これから卒業検定。
外を見ると・・・天候は小雨、馬場状態は稍重ってとこ(笑

多少でも雨降っていたほうが急制動の停止距離が伸びるから逆に嬉しい(笑
ではそろそろ出撃します!結果は後ほど。

PageTop

大型教習11日目

最近教習日記ばっかりでツーレポやエストレヤ改造がありません・・・。
来週の月曜(祝)にツーしてくるんで、またツーレポします!

とりあえず教習記録を。
すでに一昨日のこと。

残すところ2回となったうちの1回。
今回は検定に近いということで、検定用のCB750に乗ることができた。

これは今まで使ってたCB750より新型で、やっぱり新しいだけあって加速とかも良い。
普通自動二輪のときは、ぶっつけ本番で新型のCB400SFに乗ったので、今回は事前に乗れてよかった。

しかし今まで慣れた車体より性能が良いせいか、思うように操れなかった。
前回褒められて調子乗ってたのもあるけど、スラロームで無理しすぎた・・・。
成功時は5.0秒だったが、成功率は50%ほど。
失敗時はパイロンぶっ倒すという一発中止コースのミスだった。

一本橋も、今まで上手くいってて、15秒とか行けていたのが・・・10秒だったり、落ちたり散々な結果であった。

急制動についてはまったく不安がない。
大型教習始まってからまだ1度もミスがない(・∀・)

ところでエストレヤと比べて思ったのが、S字やクランクで半クラにせず、アクセルも開けずにブレーキで速度調整をしてもエンストしない。
エストだったら普通にエンストしそうな速度でも、750はエンストしなかった。
やはり大きいバイクだけあって、トルクが強いっスね^^;

すでに今日になってしまいましたが、この後最後の教習に行ってきます。
そして明日、卒業検定の予定です。
もう文字だらけの記事とはオサラバです(・∀・)

PageTop

大型教習7・8・9・10日目

昨日と今日で計4時間乗りましたので、7・8・9・10日目とさせていただきます。

昨日も前回に引き続き、急制動。
さらに加えてシミュレーションもやった。

シミュレーション、三菱製の微妙な機械を使って行うのだが、カーブの感覚や速度感覚が掴めない…。
すごくゲームです。

普通二輪のときもこの機械使ったけど、今回は事故1回で済んだ(ぉ
片道二車線道路で、左側を走行中に、右車線を走っている車がいきなり左折して突っ込んだ。

実際ではそんな遭遇しないシチュエーションだけど、タクシーが急に客見つけたときにあるかも…。


今日の教習はいろいろ勉強になった。

とりあえず、教官いわく私の運転は上手いらしい。
試験では高得点で合格するだろうといわれた(・∀・)b
ただ、上手く見えないんだとか(汗

その理由は、乗車姿勢と目線。

私の身長は180cm近くあるのだが、背筋が伸びきっているらしい^^;
曲がるときも、ひじの角度が左右で同じなので見た目がよくないとか…(笑

目線については、首を傾けて横目で見ているらしい(自覚症状無し
それを、しっかりと首をひねって目を向けるようにすると良いんだとか。

あと、これも無意識だが、足のつま先が開いてると言われた。
普段乗ってる癖が出てしまっている^^;
これは意識して閉じるようにしてみた。

他の一般的な内容はクリアしているようなので、特別に小回り8の字の練習をさせてもらった。

コレはかなり難しい…3回もCB750を転がしてしまった。
課題にはないので無理してやらなくても良いといわれたけれど、大型二輪取るんだったらコレぐらいできないと!ってことでできるまでやらせていただいた(笑

15分ぐらい粘って、なんとか形になった。
ただ自分のバイクではやる気にならねぇ・・・絶対コケる(汗

卒業検定まで残すところあと2回。
技術向上用の練習もいいが、検定用に練習しなきゃ…。

最後に、急制動について教わったポイント!

ブレーキかけ始めるポールまでアクセルを開け続けない。
これは、アクセルを開けていると荷重が後ろに掛かっているため、車体が止まりにくくなるからだ。

ポール手前でアクセルを抜き、荷重を前輪に移しておく。
そうすることにより、ブレーキをかけたときに荷重の移動が少なく済み、結果短い距離で止まれるとのこと!

考えてみれば当たり前だけど、ついつい制限速度まで上げなきゃいけないという意識が働いてギリギリまでアクセル開け気味になってしまう人が多いかと。
これから取る人はこれは覚えておくと良いですよ!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。