スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

高ボッチ山から見る諏訪湖と富士山

最近寒くなってきましたが、皆さんはバイク乗ってあげてますか?
私はツーリングはご無沙汰でして、近場の移動ばかりになってしまっています^^;

さて、今回はRV車さんが撮影された「高ボッチ山からの夜明け Vol.4」に感動して、先日の土日で高ボッチ山へ行ってきました。

とはいっても、長野県の山の上、しかもこの時期、さらに一夜を過ごすこともあり、またしてもエストレヤじゃなくて車での遠出となりました(汗
今回のメンバーは、私の友人と弟の3人で行きました。

土曜日の午後4時過ぎに出発し、高速を使わず下道(国道19号)で塩尻まで行き、到着したのが午後9時過ぎでした。
ちなみにこの時点での気温はマイナス16℃
初めてこれほど寒い場所に着ました…。

高ボッチ山 -温度計-
↑これは翌朝撮影しました。この時点でマイナス19℃!

山頂までの道は途中まではいたって普通の峠。
しかし、山頂手前1km付近あたりから急激に道路が凍結していました。

いったん突っ込んだものの、タイヤがスリップして先に進めないためなんとかバックして駐車。

私たちは無事に駐車できたが、道路の先には一台の車がスリップしていました。
車を止めたあと、状況を聞きに行ってみると、2、3時間前にスリップして身動きがとれず、JAFの救援待ちとのことでした。
ちなみに運転していたのは20代後半と思われる男女でした。

なんとか助けてあげようと、四苦八苦していたがどうにも動かず。
そうこうしていると、別の車も登ってきて、救出に参加。
木の枝を駆動輪の下において摩擦剤にしたり、みんなで押したりしながらなんとか体制を整えたところに、やっとJAFがやってきました。

タイヤにチェーンではなく、布っぽいカバーを巻いてゆっくりとバックさせ、なんとか安全なところでUターンに成功しました。
このタイヤカバー凄いですよ。一つ欲しいですが売ってないんですかね?(笑

別れ際、男性の方からお礼として1万円も差し出されたのですが、当然そんな大金受け取るわけにいかずやんわり拒否しました^^;
ちなみにこの救出中に私は2回転んで顔面強打と腰を打ちました(汗
普段の靴で行ったのが大きな間違いです。次はスノー用にしよう…。

この時点ですでに午後11時を回っていました。
私たちは撮影ポイントが不確定だったため、とりあえず山頂へ急ぎます(徒歩で)。

山頂までの道は完全に凍っていました。
RV車さんに教えていただいた情報を元に歩いていると、思い通りのポイントを発見!
ただRV車さんの場所とはちょっと違うようですが、アングルはほとんど同じでした^^
そこにはこんな景色が広がっていました。

高ボッチ山 -星と諏訪市の夜景-

写真では伝わりきらないこの景色。
冬の冷たい空気が澄んで、景色の透明度は抜群!
街の光がキラキラして、まるで宝石箱のようでした。
ちなみにこの写真は5分間シャッターを開いていたので、星が動いているのが線になってよくわかります。

とりあえず撮影ポイントは決定したので、車に戻って夜明けまで時間を潰すします。
車に戻ってみると、運転席のドアノブにビニール袋が引っかかっていました。

嫌な予感がしつつあけてみると、中には絆創膏とメモ書きが1枚、それとティッシュに包まれた1万円札が入っていました(汗

受け取らないって言ったのに…。
お金よりも、怪我をした私のために絆創膏を入れてくれたのがとても嬉しかったです。!
包まれていた紙とメモ書きと絆創膏は大切に保管することにしました(笑

そんなこんなイベントが発生しつつ、とりあえず車内で睡眠を試みます。
しかし、寒さと慣れない環境でなかなか寝れない…のは一緒に行った友人と私の弟だけで、私は多少寝ることができました(笑

それでも午前3時40分ごろ目が覚め、もう寝ても時間が微妙だから撮影スタンバイをすることにしました。

ちなみにこの時間ぐらいからよく車が登って来ます。
しかもほとんどが四輪駆動車でした。
先のスリップした場所でも、四駆は苦なく登る。羨ましい。
さすがこの時間に来るだけあって、よくわかっている人たちでした。(一部例外がいた。なんとノーマルタイヤという馬鹿なおじさん)

さすがに今回は滑る人を助けている時間はないのでスルー。
決めておいた撮影ポイントまで向かいました。

到着したのは午前4時半ごろ。
まだ真っ暗だが、深夜にもかかわらず諏訪湖の夜景は美しいままでした。

ちなみにこの日の天気は快晴で、普段は諏訪湖に雲海が掛かるらしいのですが、まったく掛からない今日のような日はとても珍しいらしいです。
初挑戦でこんないい日にめぐり合えるとは、すごい幸運でした!

でも雲海の掛かる写真も撮ってみたかったかも…(笑

1時間ほど時間を潰すと、夜明け前ですが空の色が変化し、富士山の景色が見えてきました。

高ボッチ山 -諏訪湖と富士山-

本当に快晴です。
雲一つありませんでした。ちなみにこの天気は日没まで続いたようです。

いったん空の色が変化を始めると、あとは早い。
一時一時で色が変わり、同じ色はもうありません。

高ボッチ山 -富士山シルエット-


空気が澄んでいるのではっきりと見えます。
裾野までバッチリ。

しかしとても寒い…やはりマイナス19℃はありえない世界^^;
ホッカイロがほとんど役に立ちません。
カバンが凍る。カメラも凍る。

それでも写真に夢中で撮り続けました。

高ボッチ山 -朝焼け-

まだ太陽は見えないが、かなり明るくなってきました。
富士山の雪化粧まではっきりと確認できます。

午前7時ぐらいで、やっと太陽のおでまし。
太陽光がとても暖かい…光って素晴らしい。

一通り満足し、車まで帰ることに。

高ボッチ山 -全てが凍る世界-

道も全て凍っています。
雪ではなく凍っているのでとても滑る…だから2回もコケるんです;;

とても苦労した撮影だったが、その景色に見合う価値は十分にありました。
高ボッチ山は今週の12日で冬季閉鎖期間に入り、4月末に解除されるらしいです。

ちなみに車での通行は不可能ですが、下に車を置いて登山で登ることは可能とのこと。
登山道はかなり初心者向きらしいので、いつかやってみたいな…。

高ボッチから無事に帰宅でき、凄く眠かったですが寝ずに夜まで我慢しました(笑
その代わり夜は布団に入った瞬間眠れました^^;


最近休日の過ごし方が過酷すぎます…先週は京都だったし^^;
あ、京都の写真はまた別途日記書きます!書けなくても写真はアップします(笑

今週はゆっくり休もう…休めたらいいな…。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。